海外でのデータ通信対策

>

海外Wi-Fiのレンタル

海外でネットを繋ぎたいなら

海外でネットを使う際に便利なのが、海外Wi-Fiのレンタルです。
日本語で手続きできるのはもちろん、複数の人と海外に行った際もシェアして使うことが可能です。
海外Wi-Fiがあれば、セキュリティ面でも安心です。
使い方もWi-Fiルーターの電源を入れて、スマホやパソコンでWi-Fi接続し、パスワード入力すれば簡単に使用できます。

注意点としては、契約するプランによって使えるパケット数が様々なことです。
使いすぎて足りなくなってしまうことがないよう、事前にプランの確認をしっかりしましょう。
料金はプランによりますが、パソコンもスマホも使用できますので、Wi-Fiレンタルの方がお得になるケースが多いです。
ルーターは充電式なので、電池切れにならないように注意する必要があります。

レンタル方法

最初にまず、渡航する国が海外Wi-Fiレンタルの対象国かどうか確認しましょう。
海外Wi-Fiのレンタル方法としてはWebで申し込み手続きをし、海外へ飛び立つ前に空港で受け取れますが、空港によっては受け取りできないところもあります。
どこの空港が対象かは、レンタルする海外Wi-Fiの会社にもよりますのでご確認ください。
空港で受け取れなくても、自宅や会社へ配達するサービスもありますので問題ないと思います。
空港でも宅配でも受け取る場合には受取手数料が、かかってしまいます。
データ使用料をオーバーしないためにも、データローミング・アプリの自動更新・iPhoneであればiCloudのバックアップ、これらを切っておくことが重要です。
自動更新されている間に、大量のパケット量が消費してしまう可能性が高いからです。


この記事をシェアする